お好きになさい!

日々考えたこと、思ったことを日記代わりに書いているブログです。

夜のお仕事、休職に・・・

結局、何もやる気になれないままのわたし・・・。

夜のお仕事は、もう無理だから、

先週末には、もう辞めようとママに「退職」を申し出たの。

電話では、失礼と思って実際にお店まで伝えに行った。

そうしたら、しばらく黙っていたママだったけれど、

「また復帰できるときがあるかもしれないでしょ?完全に辞めちゃうことについては認めれれないわ。あなたのような妖艶な魅力をもった人材を簡単に準備できないわよ。また、元気が出てきたら復帰してよ。そのときには、あたしをまた助けてよ、お願いだからさ・・・」と、言って手を握って言ってくれたの。

涙が出てきちゃったわよ・・・わたし。

ママは、わたしが大の安倍さんファンだったことも知ってるし。


ということで、夜のお仕事は、結局は無期限の休職ということで決着。

今は、昼間のお仕事だけで、精一杯。

なんとかそれを続けているだけのわたしだから。


パパとの夫婦生活も、パパにはずっと我慢してもらってるの。

まったく触れさせないのはあんまりなので、匂いまででがまんしてもらってるの。

別宅に帰るときに、わたしの着けてた下着を洗濯かごの中から取り出して袋に入れて持たせてあげてるの。

「もう返さなくていいから・・・、お好きになさい」って。


とにかく、そういうこと。

今のわたし、まったくやる気になれないから・・・。



せめて、安倍さんの四十九日が終わるまでは。

そんな気持ちが、無意識の中にあるのかも。



ところで・・・、

その後、あの事件の真相は全く解明されてないばかりか、マスコミは、山上を擁護するような世論づくりに必死。

さらに、報道内容は、旧統一教会と自民党の関係を問題視することだけに偏っている。

「市民団体」を名乗る「極左団体」が、安倍さんの国葬反対を声高に叫んでる。

それを大きく報道する、マスコミ。

ほんとに、失望しかない。


日本のマスコミは、隣国にほとんどが乗っ取られているのが明白。

こんな状況で、夜のお仕事なんて、できたものじゃない。

わたしの国、日本はこの先、どうなっちゃうのだろう?

娘の世代が、大人になったとき、今の日本はのこっているのだろうか?

そんな心配が現実になりませんように。

そんな不安で、眠れない日がつづいている現在のわたし。



スポンサーリンク